So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カラーレジン複製3 [造形]

ゴエモンのカラーレジンパーツを仮組!

2017062901.jpg

継ぎ目などをペーパーで消して、そのまま組み上げるとこんな感じ。

コナミ様の許諾をいただけましたので、7月末に開催されるワンフェスに、
ごく少量ではありますが、キット状態での販売を行わせていただく予定です。



2017062904.jpg

顔のアップはこんな感じ。



2017062905.jpg

大半がカラーレジンで色分けされてるとはいえ、
やっぱり、目や隈取、鎖かたびらなんかがないとさみしいですな。



2017062906.jpg

そういう事で、デカールを用意。
鎖かたびらは、この赤線を一本一本カッターで切り離して貼り付けます!
私はジジイなので、手がプルプル震え、筆やマーカー等で均一な線が引く自信が
全くありません!
超面倒ですが、直線をペタペタ貼る方が綺麗に見えると信じ込んでおります。


よーし、これからデカール貼りつけちゃうぞ!



カラーレジン複製2 [造形]

ゴエモンのカラーレジン複製出来!
全部で38パーツ、けっこうしんどかった。

2017062401.jpg


しかし!
ワンフェス用に(C)表記入れるの忘れてた!
バカ、バカ、バカッ!


背中に刻印するのが一番楽に刻印できそうなんですけどね。
うーん・・・。

2017062402.jpg


市販されてるフィギュアの多くは足の裏とか、台座の裏表記が多いんですかね。
でも、ゴエモンは草履のディティールでガタガタなんですわ。

2017062403.jpg


大至急考えます!


シリコン型作成のテクニック [造形]

綺麗に型抜きできたので記念書きこです!


2017062105.jpg
ゴエモンとエビス丸の草履を複製してたんですが、
レジンが全然横に漏れる事なく、なんだか綺麗に流し込めてる!



2017062106.jpg
外して見ても、ほぼバリ無し!
イヤッフー!



2017062102.jpg
実はダボ穴を作るときに工夫をしておりまして、
ダボ穴は「玉」を作るような感じでホジホジするんです。
(別の型作成時の写真で申し訳ない。)



2017062101.jpg
ホジホジしたツールはこんなの。
先が玉になってるスパチュラ(?)です。



2017062104.jpg
ダボ穴をこんな感じにしとくと、シリコンを合わせた時に密着度が上がり
バリが少なくなるようですな。


まだフィギュア制作歴一年にも満たないヤツのテクニック紹介ですが、良ければ
お試しあれ!


カラーレジン複製 [造形]

カラーレジンによる複製をしてみました。

2017061701.jpg

レジンA液に赤色トナーを混ぜて調色中。
塗装した原型と比べながら、これくらいの色の濃さで大丈夫かな・・・と複製へ。


そして失敗!

2017061702.jpg

めっちゃピンクやん!

赤色トナーの投入量が少なかったもよう。
レジンが硬化時に透明から白色へ変化するので、予想よりもピンクになってしまった!

難しいもんですな。



反省して赤色トナーを大幅に追加することに。

2017061703.jpg

もうちょい赤みが欲しいのですが、まぁ、こんなもんでしょうか。
レジンが白に硬化し変色してゆくので、想定した色を出すのは相当難儀しそう。
カラーレジン難易度高いっす!



さらに、黄色いパーツも複製。

2017061704.jpg

黄色のトナーを少し多めに入れたせいか、こちらは発色問題なし!

色によって、レジン色の影響を受けやすいのと、受けにくいのがあり、その時々により
対応をしてゆかなければならないのか・・・。
このあたりは経験を積んで、感覚で対応してゆかなければならないのですかね。

頑張るしかないか・・・。



出来たカラーレジンを軽く組んでみました。

2017061706.jpg

カラーレジン良いですな!
苦労して、色毎にパーツ分けして良かったかも。

さて、他のパーツも、続けてモリモリ複製しますかね!