So-net無料ブログ作成
用具・材料 ブログトップ
前の10件 | -

真空脱泡機~ちょい改造~ [用具・材料]

真空脱泡機にミストセパレータ の追加です。

2017123101.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初めての3Dプリントその2 [用具・材料]

3Dプリント開始!

2017082201.jpg



そして失敗?

2017082202.jpg

なんじゃこりゃ!!
表面のディティールなんもあらへん。



こんなんイメージしとったのに・・・。

2017081601.jpg



裏なんて、もっとグチャグチャや・・・。

2017082203.jpg



ちなみに、裏はこんな感じになる予定でした。

2017082208.jpg



これはヤバいっすな、
大枚叩いて買ったのに、これじゃ使いもんになれへん・・・。

うーん・・・高解像度モードみたいなのがあるんで、とりあえずそっちでも
印刷してみますか。



再度トライ!

2017082204.jpg

高解像度だと、ヘッドや印刷台の動きがゆっくりで、倍以上に印刷時間
がかかりそうですねー。



チーン!

2017082205.jpg

でけた。
ドキドキですな。





2017082206.jpg

おぉ!ディティールが判る!
ちょいボコボコしてるけど、これくらいなら直せそう。



裏は・・・、

2017082207.jpg

さっきよりマシやけど、やっぱグチャグチャや。



1.5センチの小さい物でも、高解像度で印刷すればけっこうイケますね。
裏側は・・・、表裏を1面づつ表側として印刷すれば、あとで張り合わせちゃえば大丈夫かな?



とりあえず購入した3Dプリンターは使えそうなので一安心。
一番の問題は、今使ってるPCですかね・・・。
3DCADが超重くて、作業が全然捗らないっす。





nice!(2)  コメント(0) 

初めての3Dプリントその1 [用具・材料]

3Dプリンタも購入したので、お次はデータを作るための3Dモデリンソフトです。



とりあえずお値段安めの「CorelCAD 2017」なるソフトをインストール。
サイトに登録すると30日間だけフル機能を体験できるんで、これに決め。

他に「FUSION 360」なる、凄くカッコいいモデリングができそうなソフト
もあったんですが、うちのPCは3Dのパワーが無いらしく、警告が出まくりで、
あえなく断念。



で、車輪っぽいのを作成。
小さめを試したかったんで1.5センチくらいのサイズに。

2017081601.jpg

これだけで凄い時間かかった。
日本語解説がほとんど見つからないんで機能を理解するんが大変。
youtube見ながら、なんとか車輪っぽいのができました。
正直、心折れそうになったぜCorelCAD!



出来た車輪をSTLファイルでエクスポートし、3Dプリンターに付属してた
「FlashPrint」なるソフトで読み込み。

2017081602.jpg

範囲からはみ出てる修正や、中央に移動など自動で行ってくれて超親切!



さて印刷を、と思ったんですが、3Dプリントの前に本体側に水平出しが
必要なんですって。

2017081603.jpg

プラットフォームと呼ばれる印刷台を水平にします。
プラットフォームは手で引き出して取れるので、印刷したあと取り出すのに
便利だそうです。



2017081606.jpg

裏側にあるグレーのネジ3つをグリグリまわして水平にします。
本体の指示通りに作業を行うので、簡単に水平が出せました。



あとは3Dプリントするためのインクですね。

2017081604.jpg

フィラメントと呼ばれるものを本体の裏側に収納。
フィラメントの先っぽを本体のヘッドの上部分に差し込んだら、印刷準備完了。



電源投入していざプリント!

2017081605.jpg

と、今回はここまで。
続きはまた後ほど・・・。




nice!(3)  コメント(0) 

3Dプリンター [用具・材料]

デジタル造形に向けた第一歩!

2017080901.jpg



注文した3Dプリンターが到着しました!

2017080902.jpg

デケェ!
箱は小型冷蔵庫くらいあるんじゃないかな。



段ボールの中は、また箱!

2017080903.jpg

今まで、腕や足、顔なんかの左右反転の制作にかなり苦労してて、
3Dプリンターがあればなーと、ずっと夢見てたのですが、
この度、ようやく購入できる運びとなりました!

これも、先のワンフェスにて、ゴエモン、エビス丸、サスケを購入して頂けた
おかげです!本当にありがとうございました!

ジジイに、今さら3Dツールの勉強ができるかどうか判りませんが、
まぁ、ぼちぼちやってゆきます。




nice!(3)  コメント(0) 

ローランド ステカ SV-8 [用具・材料]

ローランド ステカ SV-8を導入!
これでプリントしたパッケージ画像を自動でカットしてもらいます!
折角、購入したのでご紹介。

2017071701.jpg



中身はこんな感じ。

2017071702.jpg

あまり予算もなかったので、一番小さいタイプのSV-8。
幅16㎝までカット作業ができる。

ステカは、ステッカーのようなシール面のみをカットする機械で、紙を切り抜く
前提で作られていない!(切り抜いちゃうと機械側に傷が付く)
なので、台紙を用意してプリントしたパッケージ画像を切り抜く事に。



紙はダイソーで用意。

2017071703.jpg

パッケージに使用するには、厚みは0.16㎜と薄めかな?少し柔らかい感じ。
厚さ0.22mmの厚紙コクヨ 厚紙用紙 A4 100枚 LBP-F31ってのを買ったんですが、
ステカでは切り抜けなかった。
ハガキくらいの厚みで凄く良かったんですけど、ステカに0.22mmは厚すぎたんですね。



パッケージ画像を印刷。

2017071704.jpg



台紙を張り付け。

2017071705.jpg

カッターの刃が貫通して、ステカ本体を傷付けないよう台紙を貼ります。
今回はダイソーで買ったラミネートフィルムを、はがせるのりスプレーで貼り付け。



そしてカット。

2017071706.jpg

躊躇なく、スムーズにカットしてゆく!
時々、失敗はあったりするんですが、けっこう綺麗にカットしてくれますね。



カット完了。

2017071707.jpg

想像以上に綺麗にカットしてくれて感動ですよ。
ミリ単位の作業は苦手そうですが、これからも色々と活躍してくれそう。



あと、今回は幅66㎜クリアケース用のパッケージ作成だったんですが、
カットの幅がギリギリでした。

2017071708.jpg

もう少し大き目のサイズになると、確実にカットできなくなるので、
カット幅16㎝のSV-8でなく、カット幅25㎝のSV-12が良いかもしれません。
私はケチらずSV-12の方を買えば良かったと後悔しとります。



あとは折って組み立てて、クリアケースに収納すれば完成ですね。



waveレジンキャストEX 、ボークス 造形村 EXキャストの複製テスト [用具・材料]

硬化時のムラで気になってた、それぞれの複製テストを行ってみた。


2017052901.jpg

左:waveレジンキャストEX(アイボリー)
右:ボークス 造形村 EXキャスト(ホワイト)

サスケの頭部のシリコン型が手元にあったんで、サクッと複製!



waveレジンキャストEXでのアップですが解りますか?
白い斑のようなムラが出るんです。

2017052903.jpg

A液、B液混ぜ合わせるタイミングが悪いのか、シリコンバリアが悪さしてるのか、
アイボリー色を選んじゃったのが悪かったのか、うーん・・・。


光に透かすとこんな感じ。

2017052906.jpg

光が透ける所と不透明な所が混在してる。
上から色を塗って隠しちゃうなら問題無いんですが、サフレスのような下地を利用する
制作方法だと、このムラは厳しいですね。



ボークス 造形村 EXキャストのアップ。

2017052902.jpg

細かな気泡は入ってるんですが、ムラは見当たらない。


光に透かすとこんな感じ。

2017052904.jpg

全体的に光には透けにくいって感じですかね。
ホワイト色も均一に硬化していて、あまり問題を感じないです。


ネットで購入する分にはボークス製の方がちと高価なんですが、
硬化後の印象や、サフレスを行う事を考えた複製を行うならばwave製は厳しいかな。
また、今回使用したwave製はアイボリーって特殊な色なので、
機会があったらホワイトを購入してテストしてみます。



Resin2 [用具・材料]

新たなレジンが到着!


2017052101.jpg

・ボークス 造形村 EXキャスト

weveレジンキャストが、どうも硬化時にムラが出来てしまうので、先輩の勧めから
ボークスレジンキャストへ乗り換える事に。
硬化時間180秒タイプを購入したので、不手際が多い私にはゆっくり作業できるので安心感
もバッチリ!
まずは、硬化時のムラが出来ないかどうかを確認してみないとイカンですな。


さらに、ボークスのレジンだとカラーキャストもバッチリ!とアドバイスを貰い、
調子に乗ってトナーまで購入。

2017052102.jpg

・ボークス 造形村 EXトナー


空けて中を見てみましたが、きめ細かくドローっとした液体が入ってますね。

2017052103.jpg


ちなみに、シルバーは粉状(少し固まってる)のが入ってる。
大丈夫かな?これ。

2017052104.jpg

勢いだけでレジンのカラー化に挑戦する感じですが・・・、
まぁ、とにかくやってみましょうかね。


真空脱泡機~オイルミスト漏れ対策~ [用具・材料]

真空ポンプを動かすと、漏れないはずであろうオイルミストがもわーんっと!
以前はオイルが染み出る感じだったけど、噴霧されるのはちと厳しい。
うーん、本格的に対策を行わないとな・・・とのことで!


以前、分解(破裂?)したパーツがきっと原因であろう!と思い、
コーキング材にて、その分解した隙間を埋めてしまいます。

2017042201.jpg



さらに、入念にシールテープも巻き、ホース用の金具で締め付けてガッツリ固定。

2017042202.jpg



本体に取り付けて動作テストっと。

2017042203.jpg



おぉ!オイルミストが出なくなりましたよ!
さらに、染み出る事もなくなった気がする!

2017042204.jpg



今回、補強したパーツにだいぶ負荷をかけてるんじゃないかな。
とりあえず、オイルミスト盛れの対策ができたのでこのまま使い続けますが、
また問題が発生したら報告しますね。


新、エアブラシ [用具・材料]

新しいエアブラシ(ハンドピース?)到着


2017040801.jpg

GSIクレオス プロコンBOY PS770 Mr.エアブラシ カスタム 0.18mm

サスケが小さく、細かいパーツが多いのでノズル口径が細いのをチョイス。
お値段高めなので、購入にはけっこう悩みましたですよ。


2017040802.jpg

艶が消されたシルバーボディーが、なかなかセクシー!


2017040803.jpg

試し塗りしてないんで性能云々は解らんですが、きっと小さなパーツ塗装には
遺憾なく能力を発揮してくれるはず。


新しいツールが届いたのですが、複製作業ちょっとサボってるんで試し塗り含めた
塗装はまだ先かな。


waveレジンキャストEXのムラ [用具・材料]

うーん・・・。

何度硬化させても・・・ムラができるのですよねぇ。

20170223.jpg


ムラの場所も大きさもまちまち。
使っているのは、
ウェーブ・レジンキャストEX「アイボリー」180秒タイプ

そのままサフ吹いて塗装するなら問題無いのですが、
サフレスで仕上げようとすると、ムラがガッツリと浮き上がってくるのですよ。

別のメーカーに変えてみようかと思案中ですが、
まだ2㎏の新品が残ってるのですよねぇ・・・とほほ。



前の10件 | - 用具・材料 ブログトップ