So-net無料ブログ作成

キットの組み立を解説~サスケ編その5~ [組み立て方法]

接着してゆきます。

2018022305.jpg 
接着に使用したのはこの2つ。
準備編でも紹介しました「瞬着」タイプと「硬化が遅め」なタイプ。
AB混ぜる硬化が遅めなのはハイスピードとは書いていますが、硬化開始に30秒くらい間があるのでパーツの位置調整が可能です。



2018030701.jpg

頭部から貼り付けを。
まずは目、差し込むだけですので特に難しくは無いですかね。
そうそう、差し込み時にせっかく貼り付けたデカール部分を破損しないよう注意してください。
しかし・・・眉がないとめっちゃ人相悪いですな。



2018030702.jpg

眉を貼ります。
ここは硬化が遅めな接着剤を使用し、サスケをキリっとした顔にするため眉の角度を微調整してゆきます。



2018030703.jpg

もう一方も貼り。
こんな感じでしょうか。
少し接着剤がはみ出ていますが、硬化後にデザインナイフで削って軽くペーパーがけしました。
接着剤がはみ出したときは上記の作業を行ってみてください。



2018030704.jpg

後頭部の貼り付け。
接合部分の継ぎ目がありますが、ロボットっぽくて良いんじゃないか?と自分に言い聞かせます。
無塗装な場合、継ぎ目をパテ埋めで消したりできないんですよねぇ・・・。



2018030705.jpg

耳の貼り付け。
赤い耳パーツを頭部の横穴にそのままスッポリと差し込みます。



2018030706.jpg

両耳を貼り付けました。
バランスはこんな感じでよいかな?ちょっとずれてる?
頭部の穴の位置が少しだけずれていたり穴が小さかったりする個体もありますので、デザインナイフやペーパー等でちょいちょいと削って調整してください。



2018030707.jpg

この顔がかわいかったのでおまけ画像貼りっと。
で、頭部の貼り付けは完了です。



2018030708.jpg

お次は髪の毛。
1段目と2段目を組み上げるのですが、画像の赤い丸で囲まれた部分にパーツに丸く切れ込みマークを入れており、このマークを合わせるように組み上げます。



2018030709.jpg

こんな感じ。
組み上げる位置が解ったら反対側も用意して貼り付けます。



2018030710.jpg

お次は3段目
同じく赤丸で囲まれた部分のマークを合わせるように組み上げます。



2018030711.jpg

こちらもこんな感じ。
マーク同士合わせて組み上げないとパーツがハマらないので注意してくださいね。



2018030712.jpg

反対部分も貼りつけたらこんな感じです。
けっこうトゲトゲしてて持つと痛いんですよ、ケガしないよう注意してくださいね。



2018030713.jpg

髪の結び目パーツを差し込めば髪の毛の完了。
私は髪の穴にたっぷりと接着剤を入れて結び目パーツを差し込み接着しました。



今回はこのあたりで。
次回で終わりたいのですが・・・ちょっと無理かもしれないです。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。